Sleep as Android

眠りが浅いタイミングでアラームが鳴る目覚まし時計アプリ

Sleep as Android(スリープ アズ アンドロイド)は、睡眠サイクルの解析機能付きの目覚まし時計です。スマートフォンを目覚まし代わりに使っている人は、眠りの浅いときを見計らってアラームが鳴るこのアプリをインストールして、よりスッキリとした目覚めから一日を始めてみませんか。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 起床時間に近いレム睡眠の時間帯を見計らってアラームが鳴る
  • 睡眠履歴を記録できる
  • いびきや寝言を録音する機能がある

反対票

  • 睡眠中も電池がなくならないよう充電しておく必要がある
  • 特定のアプリをアンインストールしたほうがより効果的に睡眠サイクルの解析が可能

とても良い
8

Sleep as Android(スリープ アズ アンドロイド)は、睡眠サイクルの解析機能付きの目覚まし時計です。スマートフォンを目覚まし代わりに使っている人は、眠りの浅いときを見計らってアラームが鳴るこのアプリをインストールして、よりスッキリとした目覚めから一日を始めてみませんか。

睡眠には、眠りが浅い状態の「レム睡眠」と、深い状態の「ノンレム睡眠」があります。Sleep as Androidには「スマートウェイクアップ」機能があり、睡眠データ解析に基づき、設定した起床時間に近く眠りが浅い時間帯を見計らってアラームが鳴るので、眠りが深いときに無理やりアラームで起こされるといったケースを回避できます。また、いびきや寝言を録音する機能がついているほか、「お昼寝」機能もあり、30分間など短時間でアラームが鳴る設定をセットすることもできます。

就寝時には、起床時刻に加えてスヌーズの間隔やアラームの種類を設定し、左下の三日月のアイコン「睡眠の解析」をタップして枕元に置きましょう。睡眠中に電池切れにならないよう、充電コードをつないだまま就寝することをおすすめします。睡眠の解析ボタンをタップすると「Good Night」というフレーズが表示されて解析が始まります。この際、画面にはインストール済みの他のアプリのうち、睡眠サイクルの解析機能を妨げる可能性があるアプリが表示されるので、そのアプリをアンインストールするなど、起動しないよう設定しておくほうがより効果的に解析が行えるようです。

Sleep as Androidで設定した時間になると、まず小さい音でアラームが鳴り、徐々に大きくなるとともに、画面上に「スヌーズ+10分」「解除」の2つのボタンが現れるので、「あと10分!」寝たい人にとってはうれしいオプションです。もうすっかり目覚めた、という場合には「解除」ボタンにタップしましょう。睡眠の記録はメニューの「履歴」から睡眠グラフを確認できます。

Sleep as Androidの試用期間は2週間なので、継続して利用したい場合は有料版にアップグレードする必要があります。このほか、すっきりとした目覚めをサポートしてくれるアプリには快眠サイクル時計があります。

Sleep as Androidは、より自然にすっきりと起床したい人のための、目覚まし時計アプリです。

— ユーティリティーとツール —

Sleep as Android

ダウンロード

Sleep as Android